最新情報更新履歴

文書管理の新国際標準規格(ISO30300)に係る実務ガイドライン策定作業部会設置の是非が国際投票にかけられています(締切日は5月11日)。投票に際して,実務ガイドラインの草案が各国に配信されました。草案には,日本意見が反映されています。

 

実は,ISO30300の出版を祝ったISO文書管理委員会(TC46/SC11)の第27回London会議時(2011.11)に,廣田理事長に当該規格の実務ガイドラインのたたき台を提供して欲しい旨の要請があり,これに応えていたからです。要請は,理事長が策定に深く関与した日本の公文書管理法対応「行政文書管理ガイドライン」が,simpleにしてclearであるとの, 有力委員らの評価に拠るものでした。

 

なお,今年度の第29回ISO文書管理委員会は,6月4日~7日までParisで開催されます。廣田理事長は,2003年の第10回Rome会議以来,日本委員又は日本代表委員として参画しています。併せて,現在は次の4作業部会(WG)の専門委員(Expert Committee)にも就任して,それぞれの国際標準規格化に向けて専門的な知見を提供しているところです。

 

・WG8:ISO 30300 Information and documentation - Management systems for records - Fundamentals and vocabulary

・WG9:ISO 30301 Information and documentation - Management systems for records – Requirements

・WG10:Implementation guidelines for disposition of records

・WG13:Revision of ISO15489-1 and ISO/TR15489-2

 

インターネットと集中授業の組み合わせにより,在職のまま全国どこからでも受講できる研修機関
「行政文書管理アカデミー」の第7期受講申込みは,受付け手続き最終期限を迎え,4月26日(金)を
もって終了いたしました。
新年度研修の第1クールは,5月7日(火)に開講の予定です。

 

行政文書管理アカデミーは,インターネットと集中授業の組み合わせで,在職のまま全国どこからでも受講できる研修機関「行政文書管理アカデミー」の第7期生(平成25年度受講者)の先行予約受付を3月25日に締め切り,3月26日(火)から通常申込による受付を開始しました。通常申込の締め切りは2013年4月26日(金)まで。
 

2年後の新庁舎移転を見据えて,町書類の管理方法の改善・統一を決定した岩内町の記事が,北海道新聞に掲載されました。担当者以外の職員の検索も容易になると期待されています。

 

 

行政文書管理アカデミーは,夏季集中講義に引き続き千葉経済大学において,去る2月14日(木)から3日間の日程で冬期集中講義を行いました。22人の受講者が全12科目を終了,口頭試問を経て合格し,「行政文書管理士」の称号が授与されました。

今後,行政文書管理の専門職要員としての更なる活躍が期待されます。
 
なお,目下,2013年度第7期生の先行予約を受け付けております。詳しくはこちらをご覧ください。
 
ac2012winter.JPG

 

行政文書管理アカデミーは,インターネットと集中授業の組み合わせで,在職のまま全国どこからでも受講できる研修機関「行政文書管理アカデミー」の第7期生(平成25年度受講者)の先行予約受付を,平成25年2月15日(金)に開始します。

先行予約は,自治体等の公費負担による受講者に配慮したもので,一般申込みによる受講費を軽減し,振込期限も予算執行の便宜から4月30日としてあります。先行予約受付の定員は10名です。

 ADMiCが主催する行政文書管理アカデミーの平成24年度冬期集中講義が,2月14日(木)から2月16日(土)まで,千葉経済大学で開催されます。

 

2月14日(木)

講義「BSフォルダの意義」(行政文書管理アカデミー原田三朗学長)

演習「行政文書管理改善と説得能力」(廣田傳一郎教授)
・指導方法の実際を学ぶ
・プロモーターとしての役割を学ぶ
・文書管理委員会等の役割と働かせ方を学ぶ
 
2月15日(金)

演習「行政文書管理改善と説得能力」(廣田傳一郎教授)

口頭試問
 
2月16日(土)

アカデミー卒業生並びに大学院修了生及び在校生による講演

【論文の部】
 
1等賞:渡辺麻莉子(東京都狛江市職員)
 
2等賞:該当者なし
 
【エッセイの部】
 
優秀賞:高橋一光(駿河台大学文化情報学研究所特別研究員)
 
 
佳 作:三島貴雄さん(京都国立博物館職員)

第3回ADMiC賞懸賞論文表彰式及び記念講演会が,11月13日(火)に日本記者クラブで開催され,盛会裏に終了しました。ありがとうございました。

 特定非営利法人行政文書改善機構ADMiCの第3回公文書管理懸賞論文(後援・内閣府及び毎日新聞社)の審査が2日行われ、論文の部で渡辺麻莉子さん(東京都狛江市職員)の「市町村における文書管理の監査の導入 〜試みと展望〜」が1等賞に入選(2等賞は該当なし)、エッセイの部で高橋一光さん(駿河台大学文化情報学研究所特別研究員)の「なぜ、中央省庁の職員は文書の私物化容認意識を持つのか 〜中央省庁での経験を基にした論考〜」が優秀賞、三島貴雄さん(京都国立博物館職員)の「適正な文書管理のスタートライン」が佳作に入選した。

 

 表彰式と記念講演会(入場無料)は13日(火)午前10時から東京内幸町の日本記者クラブ大ホールで行われる。問合せはADMiC info@admic-akf.jp まで。くわしくはこちら

< 前 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
年別アーカイブ
© 2017 ADMiC. All rights reserved.