最新情報更新履歴

よくある相談事例と回答例(FAQ) V 行政文書管理の分類に係る相談事例と回答例

Q5:全庁共通文書分類について説明してください。

を更新しました。


なお、次回の更新は、平成24年9月3日(月)の予定です。

文書管理の国際標準規格を策定する国際標準化機構(ISO)の文書管理委員会(TC46/SC11)は,これまでの規格であったISO 15489シリーズについて,改訂の必要があるかどうかを検討するため,WG13を発足させました。

かねて廣田理事長は,ISO 15489シリーズの実効性を上げるためには内部監査が有効であるとして,英国と連携して具体の提言をしてきたところですが,このたびISO文書管理委員会事務局(Australia)は,内部監査を内包するWG13のエキスパート委員に,日本から廣田理事長をノミネートしました。
 
廣田理事長の話によれば,内部監査の改訂案策定作業については,既に一昨年秋のロンドン会議時に英国の委員との間で合意しており,早ければ来春のパリ会議に提出したいとのことです。むろん,改訂案の骨子になっているのは,ADMiC が自治体等で実践してきたものです。

よくある相談事例と回答例(FAQ) V 行政文書管理の分類に係る相談事例と回答例

Q4:文書分類における水平分類は,どのように組んだらよいですか。

を更新しました。


なお、次回の更新は、平成24年8月20日(月)の予定です。

よくある相談事例と回答例(FAQ) V 行政文書管理の分類に係る相談事例と回答例

Q3:文書分類を課全体でまとめるには,どうしたらよいですか。

を更新しました。


なお、次回の更新は、平成24年8月6日(月)の予定です。

よくある相談事例と回答例(FAQ) V 行政文書管理の分類に係る相談事例と回答例

Q2:文書分類のポイントは,何ですか。

を更新しました。


なお、次回の更新は、平成24年7月30日(月)の予定です。

よくある相談事例と回答例(FAQ) V 行政文書管理の分類に係る相談事例と回答例

Q1:文書の分類は,どのようにして作るのですか。

を更新しました。


なお、次回の更新は、平成24年7月23日(月)の予定です。

ADMiCの代表電話番号とFax番号が,以下の番号に変わりました。

 電話 03-5225-0250

 FAX 03-5225-2356

お手数をおかけしますが、お手元のアドレス帳などを、ご訂正くださいますようお願い申し上げます。なお、旧番号におかけになった場合でも、留守番電話にて対応いたします。

よくある相談事例と回答例(FAQ) IV 行政文書管理への切換え方法に係る相談事例と回答例

Q3:土木・建築部門の職員の協力は,得られるでしょうか。

を更新しました。


なお、次回の更新は、平成24年7月17日(火)の予定です。

 

 公文書管理法への関心を喚起し,公文書管理の専門性に関する認識を深め,公文書管理の改善に現場からの知恵と提言を広く集める契機を生み出す目的で,文書管理を主題とする論文募集事業の第3回を実施します。
 今回は本格的な論文に加え,エッセイ部門を新設します。文書管理の現状に対する問題意識,職場での改善事例の紹介,新しい文書管理への提言・アイディアなど,テーマは自由です。どなたでも応募でき,職場のグループでの応募も歓迎しています。
 募集期間は9月30日(日)までで,審査結果は11月1日(木)に公表し,同月13日(火)に表彰式を日本記者クラブ(東京,内幸町)で行います。
 
募集のテーマ
 本事業の開催目的から特定のテーマを設定せず,文書管理に関することであればテーマは自由とします。例えば,文書管理に関する総論的な提言から公的組織における文書管理の役割の考察,行政文書管理又は情報管理の歴史的考察までなどの制度的な論点や,技術的な論点を含む特定の課題などが考えられます。その中には,文書管理システム整備の目的,その対象範囲,管理原則,分類技法,歴史公文書の移管・監査・研修などに関する調査研究の他,公文書管理の改善の提案や批判的分析も含まれるでしょう。
 社会全体における文書管理又は情報管理への関心を喚起するためにも,対象となるテーマには公文書のみならず,多様な民間における文書管理の問題も含まれます。公務員の他,多様な公的組織の職員や民間人も応募対象者とします。
 第3回で新設のエッセイ部門も特定のテーマは設定せず,文書管理に関るエピソード,随想,提案,論評,その他の内容,形式の作品も応募対象とします。
 
応募資格
 文書管理に経験のある国や自治体の職員に限らず,民間文書管理の経験者や文書管理の研究者および学生も含め,文書管理に関心のあるすべての人に応募資格があります。応募は,個人のほか職場のグループでも可能です。
 
 
第3回ADMiC賞懸賞論文募集要領はこちら
 
過去の受賞論文はこちら

 

よくある相談事例と回答例(FAQ) IV 行政文書管理への切換え方法に係る相談事例と回答例

Q2:「AKF」の導入に非協力的な課には,どのように対応したらよいですか。

を更新しました。


なお、次回の更新は、平成24年7月2日(月)の予定です。

< 前 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
年別アーカイブ
© 2017 ADMiC. All rights reserved.